このページの本文へ

ケータイ業界を知る5人が語った

大胆予想!iPhone採用キャリアはここだ!

2008年06月02日 04時00分更新

文● ゴーズ、アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ユーザー数の多いドコモが有力だが……

法林岳之氏(ITライター)

法林岳之氏写真
法林岳之氏 「ケータイWatch」をはじめ、多彩なメディアでケータイ関連の記事を執筆。impressTV「ケータイならオレに聞け!」やNHK教育テレビ「趣味悠々」の“ケータイの先生”としてもおなじみ。著書に『お父さんのための携帯電話ABC』(NHK出版)など。

 順当に考えれば、iPhoneが供給されるのはNTTドコモでしょう。Appleとしては新たに開発した3G版iPhoneをより広く普及させたいでしょうから、世界でもっとも3Gが普及する日本で、約50%のシェアを持つNTTドコモがもっとも有力です。また、3G版iPhoneではサードパーティのアプリケーションが利用できるようになる見込みですが、iPhone対応ソフトウェアを開発するソフトウェアベンダーにとっても市場が大きいほうが魅力的ですし、Appleとしても開発者にアピールしやすいというメリットがあります。

 ただ、今年5月のAppleと英Vodafoneの合意によって、イタリアではVodafoneとTelecom Italiaの2社からiPhoneが販売されることになり、1国1事業者というiPhoneの販売ルールが崩れたため、ソフトバンクにも供給される可能性が十分にあります。

次ページ「多彩な端末の販売実績があるドコモ」(村元正剛氏)に続く

ピックアップ