このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Gから始めるモンハン狩猟生活講座 ― 第1回

今から始めても遅くない!

中高生から大人まで、大ブレイク中の「モンスターハンター」って何?

2008年06月09日 18時30分更新

文● 佐藤ポン、内田 幸二、飯塚 岳史/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

街中はモンハンを遊んでいるPSPだらけ!

 発売後2ヵ月で200万本以上出荷と、近年まれにみる大ヒットを記録し、いまなお中毒者が増え続けているPSP用アクションゲーム「モンスターハンターポータブル 2nd G」(以下、MHP2ndG)。本作は「モンスターハンターシリーズ」の第7作目で、今年3月27日に発売された同シリーズの最新作となる。すでに発売から2ヵ月も経っているのに、まだまだ多くのプレイヤーが熱心に遊んでいるタイトルだ。

MHP2ndG

 彼らがどれだけ熱中して遊んでいるかは、街に出れば簡単に確認できる。最近、バスや電車、ファストフードショップ、喫茶店などでPSPを遊んでいる人が多いように感じないだろうか? そう、彼らは全員「MHP2ndG」を遊んでいる。「全員~」というのはちょっと大げさかもしれないけど、掛け値ナシで9割くらいはモンハンプレイヤーのハズ。プレイしていない人からすると、「なんでそこまでして遊ぶんだよ……」と思うかもしれないけど、一度ハマってしまったらそうせざるを得ない。ゲーム内には移動中のちょっとした時間にできるコトもあるので、通勤や通学中は絶好のプレイ時間ってわけだ。

 また、MHP2ndGをさらに魅力的にしているツールが、無線LANによる「4人の仲間との協力プレイ」だ。PSPに内蔵している無線LAN機能を利用して、その場にいる3人の仲間と一緒に狩りに出かけることができるのだ! 仲間と一緒に狩りに行けば、1人ではキツイ相手も狩れるようになるし、何より「そっちにモンスター行ったぞ!」なんて感じで、ワイワイと言いながらできるのが楽しい。

4人プレイの風景 集会所
写真はイメージです。しかし、会社のお昼休みなどでこうして4人プレイを楽しんでいる場面は間違いなく実在する!PSPに内蔵されているワイヤレスLAN機能を使って集会所に集まって、ここからクエストに行ける

 もうすでにガンガンプレイしている読者からは「何をいまさら」と思うこともあるかもしれない。しかし、何か周りの人がプレイしていて自分も誘われているけど、今までモンハンをプレイしていなかったからよくわからない、という人も多いハズ……。
 そこで、ASCII.jpではいままでモンハンシリーズをプレイしていない読者のために、「MHP2ndG」の魅力を伝える連載記事をスタートさせます! もちろん、すでに遊んでいる読者でも楽しめる内容にしますので、これからしばらくお付き合いくださいませ。そして、PSP未所持の読者はソフトとセットで明日買ってきて!

PSPとMHP2ndG
PSP本体(実売2万円前後)とMHP2ndG(実売4500円前後)の2つで約2万5000円の初期費用が必要になるけど、その分以上は確実に楽しめるよ

 とまぁ、イロイロと理屈を並べて連載開始のアイサツをさせてもらいましたが、本当の理由は担当編集と担当ライターが異常なまでに「MHP2ndG」にハマっているからなんですけどね。ま、でも、本当にオモシロいゲームを世間に伝えることは重要な仕事なので、これからガンバって連載していきます!!

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社