このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

新機種リポート:iMac (Early 2008) Vol.2

iMacのメモリー/HDD換装

2008年06月03日 18時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iMacに限らず、Macは全般的にメモリーとハードディスクの交換が難しい──そんなイメージを抱きがちだ。果たして実際はどうなのか? 今回は新iMac 3.06GHzモデルのメモリーとハードディスクの換装にチャレンジしてみた。メモリー、ハードディスクの増設を考えているユーザーだけでなく、これからiMacを買おうとしているユーザーにも参考にしてほしい。

iMacのメモリーを増設しよう

iMacのメモリー交換は簡単だ。本体底面のカバーをプラスドライバーでネジを外して、プラスチック製のテープを強く弾けば取り出せる。スタンド裏面に、その方法が解説されている点も安心。ただし、メモリーの規格が従来の「PC2-5300」から最大6.4GB/秒の転送速度を備えた「PC2-6400」へと切り変わっている。購入する際には注意しよう。

(1) 底面のカバーを外す

iMacメモリー交換
本体底面のカバーは、プラスドライバーで取り外せる。再度取り付ける際に必要なのでネジはなくさないように

(2) テープを引き出す

iMacメモリー交換
メモリーモジュールの切り抜きの位置を確認する。テープを引っ張ればメモリーが外せる

(3) メモリーを抜く

iMacメモリー交換
特に力を入れなくてもメモリーは取り外せるはずだ。メモリーは静電気に触れないように慎重に扱おう

(4) 新旧メモリー

iMacメモリー交換
新iMacのメモリーは旧モデルから規格が変わっている。サードパーティー製のメモリーを購入する場合は注意が必要だ。なお、取り外しと反対の手順で取り付ければOKだ

メモリーを増設する場合は、Macのメモリー専門店などでは2GBモジュール×2枚が9500〜3万円、1GBモジュール×2が8000〜2万円程度で販売されている。アップルストアでの増設よりも安上がりなため、購入するにはそういった専門店を利用するといい。


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中