このページの本文へ

アイ・オー・データ機器「HVT-T100」

アナログTVで地デジが見られる!

2008年05月28日 21時00分更新

文● 宇田川/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器からアナログTVで地上デジタル放送を見られるようにするデジタルチューナー「HVT-T100」が近日登場予定となっている。

「HVT-T100」 パッケージ
製品 アイ・オー・データ機器からアナログTVで地上デジタル放送を見られるようにするデジタルチューナー「HVT-T100」が近日登場予定

 「HVT-T100」は地上デジタル放送に対応したデジタルチューナーで、受信したデジタル放送をアナログの映像信号で接続したテレビなどに出力(デジタルでの出力及びデータ放送には非対応)する製品。電子番組表(EPG)にも対応し視聴予約も可能となっているのも特徴だ。
 テレビとの接続はD4または、ビデオ出力端子経由となり、余っているパソコン用アナログモニタとD-Sub接続したい場合は、別途D端子-D-Sub15ピン変換ケーブル「MA-D2A」を用意する。その場合の音声はRCA端子経由となる。
 なお、今月から発売開始されたPC用地上デジタル放送対応TVキャプチャー製品のように、パソコンと接続して録画するというような機能などは搭載されていない。入荷予定日はTSUKUMO eX.では6月上旬、予価は1万4800円とのことだ。2011年に終了するアナログ放送、特に故障していないアナログTVを少しでも長く使いたいという人は、本製品で最後まで活用するのもいいだろう。

「MA-D2A」 パソコン用アナログモニタとD-Sub接続したい場合は、別途D端子-D-Sub15ピン変換ケーブル「MA-D2A」を購入する必要がある

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中