このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

日本の宇宙開発最前線

「かぐや」も「きずな」もがんばっています!

アポロ疑惑に終止符? 日本の人工衛星、大活躍!

2008年05月26日 13時49分更新

文● 小黒直昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
かぐや
月周回衛星「かぐや」(SELENE)のイメージ。提供:JAXA

 最近、四川大地震の被害状況を「だいち」が撮影した写真を公開するなど、日本が打ち上げた人工衛星の活躍ぶりがニュースで伝わってきます。

 なかでも、先日(20日)のテレビニュースでも取り上げられたのが、月周回衛星「かぐや(SELENE)」が発見した、アポロ15号のエンジン噴射の痕跡。かぐやを打ち上げた宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、同時にアポロ15号で撮影された風景とまったく同じ三次元画像も公開し、こうした痕跡が観測されたのは世界でも初めて(の快挙)だと発表しました。

アポロ15号の噴射跡 アポロ15号の噴射跡拡大図
今回公開された、アポロ15号の着陸船が着陸の際につけた噴射の跡と見られる地形。着陸によりこうした地形変化があったことは、当時のNASAの写真に記録されている。提供:JAXA
三次元画像 実際の写真
JAXAが地形カメラから作成した着陸地点の三次元画像(左)と、アポロ15号で撮影された実際の写真(右)。表現された地形はほぼ同一といっていい。提供:JAXA

 この発表がニュースバリューを持つのは、もちろん「あの論争」があるから。実はアポロは月面に行っておらず、報道で流されていたのは特撮映像だったというやつですね。冷静を装ったふうのNHKのニュースを見て、「アポロ15号の活動の証拠となる重要な痕跡だ」という機構のコメントを採用しているあたりで、「やるな、NHK」とニヤッとした人もいるのではないでしょうか。

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART