このページの本文へ

inno3D「Inno3D iChiLL ArcticCooling 9800GTX Accelero Extreme」

重装備! 3連FAN装備のOC版GeForce 9800 GTX

2008年05月23日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 inno3Dから「GeForce 9800 GTX」搭載カードとしては初のオリジナルファン搭載モデルとなる「Inno3D iChiLL ArcticCooling 9800GTX Accelero Extreme」が発売となった。

「Inno3D iChiLL ArcticCooling 9800GTX Accelero Extreme」 「GeForce 9800 GTX」搭載カードとしては初のオリジナルファン搭載モデルとなる「Inno3D iChiLL ArcticCooling 9800GTX Accelero Extreme」がinno3Dから発売

 同カードはArctic Cooling製のビデオカード用クーラーを採用する「iChiLL」シリーズの製品。Arctic Coolingのウェブサイトには「Accelero Xtreme 9800」という「GeForce 9800 GTX」搭載カード向けの製品が掲載されており、今回の製品はinno3D製のビデオカードと同クーラーを組み合わせたものとみられる。

ヒートシンク 3連ファン
カードには大型ヒートシンクとヒートパイプを使ったクーラーを装備。同梱されている3連80mm角ファンを取り付けて使用する
3スロット占有 裏面
取り付け後は3スロット占有となるので、隣接スロットには注意が必要だろう。ちなみにファンの回転数は700rpm~2000rpmの可変タイプとなる

 カードには大型ヒートシンクとヒートパイプを使ったクーラーを装備。同梱されている3連80mm角ファンを取り付けて使用する仕組みだ。取り付け後は3スロット占有となるので、隣接スロットには注意が必要だろう。ちなみにファンの回転数は700rpm~2000rpmの可変タイプとなる。
 さらに、同製品はコア/メモリクロックが定格クロックの675MHz/2200MHzに対して740MHz/2280MHzにオーバークロックされているのも特徴。その他、搭載メモリはDDR3 512MB、ブラケット部Dual DVI-I(DualLink対応)/HDTV-OUTという構成で、付属品としてDVI→D-SUB変換コネクタやHDTV対応コンポーネントケーブル、S→コンポジット出力変換ケーブル、4pin-6pin電源変換ケーブルが同梱する。本日入荷を確認したのはアークで、価格は4万1780円だ。

付属品 ポップ
ファンは別に付属している。くれぐれもファンレス動作などはしないように気をつけたい

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中