このページの本文へ

アップルジャパン、学生/教員向けのコンテストを開催

Macを使って作品をつくろう

2008年05月21日 21時09分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は20日、「第2回学生デジタルコンテスト」と「第2回デジタル教材コンテスト」の応募を開始した。

第2回学生デジタルコンテスト」は、中学校、高等学校、大学、専門学校の学生を対象にした映像作品のコンテストだ。テーマは自由。QuickTime形式で5分以内の映像を募集する。募集期間は5月20日〜9月30日まで。表彰式は2009年2月上旬に行われる予定だ。

学生デジタルコンテスト
審査員はテレビ局のプロデューサーや映画監督が勤める

第2回デジタル教材コンテスト」は、小学校、中学校、高等学校の教職員を対象にしたデジタル教材のコンテストだ。Macで作成した授業で使用できるデジタルコンテンツと指導案ドキュメントのセットを募集する。応募形式は、640×480サイズのQuickTime形式ムービーか公開されたポッドキャストだ。募集期間は5月20日~9月16日まで。表彰式イベントを11月の上旬に実施する予定だ。

デジタル教材コンテスト
グランプリ1作品、優秀賞5作品、佳作20作品が選ばれる予定だ

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中