このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

HD DVD撤退後のVARDIAはネットDVD対応

2008年05月15日 11時00分更新

文● 橋本 優/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VARDIA「RD-X7」
最新VARDIAのハイエンド機種「RD-X7」


やっぱり次世代DVDには非対応

 (株)東芝のDVD/HDDレコーダー「VARDIA」(ヴァルディア)に新製品が登場した。HD DVD撤退発表後、初の新製品投入となる。

 新製品の大きな特徴は2つ。オンラインで動画コンテンツを購入し、その場でDVDメディアにライティングできる「DVDBB」機能を搭載(RD-S502、S302)したことと、アップスキャンコンバート性能の向上(RD-X7)だ。



外に行きたくないからDVDを観るんだ!

 スタンダードモデル「RD-S502」と「RD-S302」で対応するDVDBBは、昨年秋にKDDIが開始した「DVD Burning」を新しいVARDIAで利用できるようにするもの(6月末にサービス開始)。VARDIAのメニュー上からネットに接続し、タイトルを選択。購入すればVARDIAのDVDドライブで書き込みが行なえる。

DVDBBのログイン画面 タイトル購入画面
DVDBBのログイン画面。会員登録は無料でタイトルごとの課金となる。タイトル購入画面
「番組ナビ」上で新着タイトルや作品ジャンル別検索などを行なえる タイトルの一覧表示
「番組ナビ」上で新着タイトルや作品ジャンル別検索などを行なえるタイトルの一覧表示

 DVD Burningは現在、3000タイトル以上のラインアップを揃えており、ワーナーやAMG、ポニーキャニオンといったDVDメーカーもタイトルを提供している。レンタルビデオ店ほど充実はしていないが、何かDVDを見たいけど外に出たくないというニーズに合致しそうだ。



高性能アップスケーラー「HQV Reon VX50」搭載

RD-X7
RD-X7

 最上位機種「RD-X7」では米Silicon Optix社の「HQV Reon VX50」というアップスケーリング回路を搭載し、480i/pのDVD映像やSD、HD映像放送をより高品質に1080pに変換する。ちなみにHQV ReonはデノンのハイエンドDVDプレーヤー「DVD-2930」(12万6000円)などに搭載されている高性能回路だ。

アップスキャン出力設定。60フレームか24フレームを選択できる
アップスキャン出力設定。60フレームか24フレームを選択できる

 特に映画などの秒間24フレームで撮影された映像をアップスケーリングしつつ、そのままのフレーム数で出力する「1080/24p」出力について、従来のDVDプレーヤーなどで用いられていた「3:2プルダウン」や「IP変換」などの処理を行なわず、そのまま1080pにアップスケーリングして出力する。映像処理の工程を少なくすることで、画像の劣化も少なくなるという。

RD-X7の背面
RD-X7の背面。端子は金メッキ加工だ

 次世代DVD非搭載で16万円という価格はやや高いような気もするが、X7はDVDやSD放送、地デジなどをよりきれいに観ることを考慮した機種。さらに1TBという大容量のHDDレコーダーの機能も備わっていると考えれば、妥当な金額なのではないだろうか。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART