このページの本文へ

「M7CN70GVIR」

「C7-1.8GHz」をオンボードのMini-ITXマザーに新モデル!

2008年05月08日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUに「C7-1.8GHz」をオンボードするMini-ITXフォームファクタのマザーボード「M7CN70GVIR」がDiracから発売となった。

「M7CN70GVIR」 CPUに「C7-1.8GHz」をオンボードで搭載するMini-ITXフォームファクタのマザーボード「M7CN70GVIR」

 同製品の主なスペックはチップセットに「CN700」+「VT8237R Plus」を採用。ヒートシンクはチップセットとCPU一体型のもので、小型ファンを装備。拡張スロットにはDDR2-533/400対応のメモリスロットを1本とPCIを1本備え、オンボードデバイスにはVGAや6chサウンド(Realtek/ALC653)、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8100C)、Serial ATA×2、IDE×2などを搭載。I/O部には、TV-OUTとS-Videoを備えるのも同製品の特徴だ。
 なお、同梱のマニュアルには「GA-C7V7-RH」という型番が! 言うまでもなくGigabyteのOEMとなる同マザーだが、国内での販売元はDiracとなる。価格はアークとテクノハウス東映で1万8800円となっている。

I/O部 裏面
スペック的には一般的なMini-ITXマザーという印象だが、I/O部にTV-OUTとS-Videoを備えるのが同製品の特徴だ
製品ラベル マニュアル
同梱のマニュアルには「GA-C7V7-RH」という型番が! GigabyteのOEMとなる同マザーだが、国内での販売元はDiracとなる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中