このページの本文へ

MSI「X48C Platinum」

初登場! DDR2/DDR3両対応の「X48」マザー!

2008年05月01日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「X48」を搭載するLGA 775対応マザーボードとしては初のメモリコンボモデルとなる「X48C Platinum」がMSIから発売となった。

「X48C Platinum」 基板
「X48」搭載マザーボードとしては初のメモリコンボモデルとなるMSI製「X48C Platinum」

 特徴となるメモリスロットの構成は、DDR3 DIMM×4(DDR3-1600(XMP)/1333/1066/800MHz、8GBまで)と、DDR2 DIMM×2(DDR2-800/667MHz、4GBまで)の2タイプ対応。冷却機構「CIRCU-PIPE」の採用や、基板上に動時の状況を文字で表示する「LED Poster」、I/Oパネル部にCMOSクリアスイッチを実装するなど同社のハイエンドマザーではお馴染みの機能も搭載されている。

メモリスロット 拡大
特徴となるメモリスロットの構成はDDR3 DIMM×4(DDR3-1600(XMP)/1333/1066/800MHz、8GBまで)とDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667MHz、4GBまで)。冷却機構「CIRCU-PIPE」も健在だ

 メモリスロット以外の主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3、South bridgeは「ICH9R」で、オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Realtek/8111B)や8chサウンド(Realtek/ALC888)、IEEE1394(VIA/VT6308P)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/5/10対応)、e-SATA×2、ATA133×1などを搭載する。今日から販売しているドスパラ秋葉原本店で、価格は3万3800円。このほか近日入荷予定のアークでは予価3万980円。なお、同社の「X48」搭載マザーとしては「X48 Platinum」がすでに販売中だ。

拡張スロット I/O部
拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×2、PCI×3。オンボードインターフェイスも豊富に用意されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中