このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

A4インクジェット複合機

レビュー:PIXUS MX850

2008年05月08日 17時30分更新

文● 柴田文彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ファクス機能を搭載した顔料+染料系インクの複合機


Colorio PX-FA700 【SPEC】
開発元●キヤノン(株) 販売元●キヤノンマーケティングジャパン(株) 価格●オープンプライス(実売4万円前後)
http://canon.jp/

印刷解像度●9600×2400dpi 光学解像度●4800×9600dpi インターフェース●USB 2.0、100Base-TX 対応システム●OS X 10.3.9以上(Leopard対応) サイズ●幅508×奥行き483×高さ260mm 重さ●約13.9kg

【COMMENT】
4色染料系インクと黒の顔料系インクをダブル搭載し、文字/写真の画質は実力十分。ADFとファクス機能もあり、ぜひお勧めしたい製品だ。


 「PIXUS MX850」は、プリント/コピー/スキャンに加えて、ファクス機能を備えたA4インクジェット複合機だ。本体の操作パネルはシンプルな設計だが、PIXUSの「MP」シリーズが採用する「スクロールホイール」は搭載していない。

PIXUS MX850
ファクス機能を備えるため、ボタンの数は多い。しかし機能名がひと目でわかるボタン設計なので、戸惑うことはない。また中央部に設置された液晶モニターは、見やすい角度に調整可能

 印刷エンジンはCMYKの染料系4色インクのほかに、顔料系の黒インクを採用。ファクスや一般文書の印刷時に使用される顔料系インクは、染料系インクより大容量のカートリッジを採用した経済的な仕様だ。ヘッド構成はシアンとマゼンタが各1536ノズル、それ以外は各512ノズルの合計4608ノズルを装備し、高精細で高速な印刷を実現する。

PIXUS MX850
インクカートリッジは、使用量の多い文字印刷用の顔料系黒インクのみ大容量カートリッジを採用。残量を読み取るためのLEDランプが目立つ

 前面に設置されたカセット式の給紙トレーと背面のトレーには、それぞれA4普通紙で150枚、ハガキなら40枚まで同時にセットできる。給紙方法は、操作パネルの「給紙切替」ボタンから変更可能だ。さらに本体上面のトレーには、A4普通紙で35枚まで一度に読み込める原稿自動紙送り装置(ADF)を搭載。複数ページにわたるドキュメントのコピーやスキャン、ファクス送信時には非常に重宝するだろう。

PIXUS MX850
A4普通紙を30枚までセット可能なADF。ADFのトレーには、KG(ハガキ)サイズで最大2枚、L判サイズなら最大3枚までセットして個別にコピーできる

 ビジネス書類、写真印刷、ファクスといった幅広い用途に高いレベルで応える実力派。自宅やSOHOの印刷環境に最適な1台だ。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中