このページの本文へ

ベストセラーがビジネスの未来を創る ― 第6回

お金の不安が増大し、新たな格差が生まれる

2007年09月01日 00時00分更新

文● ビジネス書評家・土井英司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載では、ビジネス書評家・土井英司が、毎月のビジネス書ランキングを分析し、現在のベストセラーから未来のビジネストレンドを解説する。

お金の不安が増大し、新たな格差が生まれる

2007年8月 ビジネス書ベスト10

1位世界一やさしい問題解決の授業
2位マネ-はこう動く
3位働かないで年収5160万円稼ぐ方法
4位ドル覇権の崩壊
5位環境問題はなぜウソがまかり通るのか
6位頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
7位なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
8位人は「暗示」で9割動く!
9位コミック鏡の法則
10位ワ-キングプア

ランキングの詳細▼

お金の不安が増大し、新たな格差が生まれる

 ビジネス書評家の土井英司です。厳しい暑さも去り、ようやく過ごしやすい季節になりましたね。

 秋といえば、やはり読書。今月も8月のビジネス書ランキングのなかから特に目立った動き、おすすめの書籍をピックアップしますので、ぜひ読んでみてください。

 今月のランキングからテーマをあぶり出すと、「お金の不安が増大する時代」ということが言えるだろうと思います。

 最近は、起業ブームも去り、就職も売り手市場になったことから、安定志向のサラリーマン向け書籍が売れていますが、一方で、普通に勤めているだけではなくならない「お金への不安」が増大していることも事実です。

 その証拠に、情報起業ブームが去った今でも、「日本一のメルマガアフィリエイター」という異名を持つ、川島和正さんの『働かないで年収5160万円稼ぐ方法』が、発売以来ずっと売れています。

マネーはこう動く
著者:藤巻 健史
出版社:光文社
価格:1575円(税込)
ISBN-13:978-4334975210

 さらに、アメリカの住宅ローン問題を受けて株価が暴落したこともあり、為替・債券の専門家である藤巻健史さんの『マネーはこう動く』、評論家の副島隆彦さんの『ドル覇権の崩壊』がそろってランクインしました。本を買ってまで勉強しようというのですから、関心の高さがうかがえます。

『マネーはこう動く』は、モルガン銀行時代、「伝説のディーラー」と呼ばれた藤巻健史さんが、経済の基本理論と今後の日本経済の動向、そこでどうやって資産を運用すればいいのかをまとめた一冊。為替、債券、不動産投資、株投資の実際が裏事情も含めて語られており、興味深い内容です。もう一冊の『ドル覇権の崩壊』は、これまでにも将来起こりうる金融不安を指摘した『預金封鎖』などの書籍がベストセラーとなっている副島隆彦さんが、いつも通りの扇動スタイルで「ドル覇権の崩壊」→「中国の時代」を謳った一冊。 土井としては、経済理論からしっかり勉強したい人には、藤巻健史さんの本をおすすめします。

ドル覇権の崩壊
著者:副島 隆彦
出版社:徳間書店
価格:1575 円(税込)
ISBN-13:978-4198620103

 どちらの本も、世界情勢および為替に関する話が中心なのですが、おそらくこれらのベストセラーの裏側には、最近流行している、投機性の高いFX (外国為替証拠金取引)があると思います。「ラクして儲けたい」風潮が広がった結果、ブームとなった商品ですが、某金融会社のFX担当に聞いたら、最近はこの商品をはじめ、レバレッジの効いた商品で破産に追い込まれる人が増えているとのこと。自己破産専門の弁護士も知っていますが、かなりビジネスは拡大しているようです。

 このように、最近では投機性の高いマネーゲームにはまる人が増えています。かつては怖くて手を出せなかった信用取引や新興市場への投資などがどんどん広がっており、今後も破産する人、あぶく銭を手に入れる人向けのビジネスは増える一方だと思います。

 また、金融商品による投資にしろ、アフィリエイトにしろ、稼ぐ手段がネット経由ということで、地域間格差がなくなってきているのも特徴です。つまり、今後は地方であってもお金持ち、という人間が触れる(もちろん破産も増えます)。都市と地方の格差だけでなく、地方の中でも格差が出てくるのです。

 では、ブランドショップも百貨店も近所にない地方のお金持ちはいったいどこでお金を使うのか? この辺に新たなビジネスチャンスがあるような気がします。ぜひ新しい地方のリッチ層向けのビジネスの形を考えてみてください。

2007年8月 ビジネス書ランキング

1
世界一やさしい問題解決の授業
渡辺健介(ダイヤモンド社)
2
マネ-はこう動く
藤巻健史(光文社)
3
働かないで年収5160万円稼ぐ方法
川島和正(アスコム)
4
ドル覇権の崩壊
副島隆彦(徳間書店)
5
環境問題はなぜウソがまかり通るのか
武田邦彦(洋泉社)
6
頭の回転が50倍速くなる脳の作り方
苫米地英人(フォレスト出版)
7
なぜ、エグゼクティブはゴルフをするのか?
パコ・ム-ロ(ゴマブックス)
8
人は「暗示」で9割動く!
内藤誼人(すばる舎)
9
コミック鏡の法則
野口嘉則(総合法令出版)
10
ワ-キングプア
日本放送協会(ポプラ社)
11
できる人の勉強法
安河内哲也(中経出版)
12
レバレッジ・シンキング
本田直之(東洋経済新報社)
13
鏡の法則
野口嘉則(総合法令出版)
14
投資信託にだまされるな!
竹川美奈子(ダイヤモンド社)
15
生き方
稲盛和夫(サンマーク出版)
16
「心のDNA」の育て方
石井裕之(フォレスト出版)
17
チャンスがやってくる15の習慣
レス・ギブリン(ダイヤモンド社)
18
大切なことに気づく24の物語
中山和義(フォレスト出版)
19
カンブリア宮殿村上龍×経済人
村上龍(日本経済新聞社)
20
「心のブレ-キ」の外し方
石井裕之(フォレスト出版)

(日販オープンネットワーク調べによるビジネス書に絞ったランキング。集計期間は2007年8月1日~31日)

土井 英司 (どい えいじ)
ビジネス書評家 / 出版マーケティングコンサルタント / メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長
慶應義塾大学総合政策学部卒。日経ホーム出版社を経て、2000年にAmazon.co.jp立ち上げに参画。 ビジネス・実用書の「陰の仕掛け人」として、『ユダヤ人大富豪の教え』(本田健・著、40万部突破)を始め、数々のベストセラーのきっかけを作った。近著に『「伝説の社員」になれ!』(草思社)がある

カテゴリートップへ

この特集の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ