このページの本文へ

NTTドコモ、バリューコースに対応した「らくらくホンIVS」を22日に発売

2008年04月17日 22時08分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)NTTドコモとNTTドコモグループ8社は17日、らくらくホンシリーズの「らくらくホンIVS」を今月22日に全国で一斉に発売すると発表した。

らくらくホンIVS
「らくらくホンIVS」。カラーは左からゴールド、ダークブルー、ピンク

 らくらくホンIVSと、従来モデル「らくらくホンIV」(関連記事)の違いはボディーカラーのみで、機能面での違いはない。月額基本使用料が安くなり、端末の分割払い購入が可能な「バリューコース」に対応した。

 GPS機能を搭載し、「ワンタッチブザー」と「イマドコサーチ」の連動や、ブザー鳴動時に自分の位置情報をイマドコサーチ契約者へ通知できるといった機能が搭載されている。

 本体のスペックは、ディスプレーサイズはメインが2.6インチQVGA(240×320ドット)、サブがモノクロ1.2インチ(64×64ドット)。メインカメラに有効130万画素CMOSセンサー、内側のサブカメラに有効32万画素CMOSセンサーが搭載されている。

 連続通話時間は音声が約140分、テレビ電話が約100分。連続待受時間は歩数計オフの静止時で約510時間、移動時で約350時間。本体サイズは幅50×厚さ17.6×高さ104mm、重さは約113g。ボディーカラーはゴールドピンクダークブルーの3タイプ。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART