このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

世界初のCentrino Atom搭載UMPCをウィルコムが発表──WILLCOM D4

2008年04月14日 18時06分更新

文● 小林 久/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ウィルコムは14日、Windows Vista採用のUMPC「WILLCOM D4」(WS016SH)を発表した。5月下旬に予約を開始し、6月中旬から出荷される予定。

WILLCOM D4
WILLCOM D4と別売のBluetoothヘッドセット

 価格は、同社の割賦制度(W-VALUE SELECT)を使用した場合、頭金が3万9800円、その後2100円×24ヵ月を支払う形になる(W-VALUE割引の併用で合計9万200円)。なおデータ定額の新つなぎ放題(月額3880円)と組み合わせて使用した場合の月額料金は5980円となる。



無線LANやワンセグなど、小さくてもフルスペック


 WILLCOM D4は、W-SIMを利用したPHS通信機能を内蔵。インテルのモバイル機器向けの最新プラットフォーム「Centrino Atom」に準拠し、Windows Vista Home Premium(SP1)が動作する。

 CPUはAtom Z520(1.33GHz)。HDD容量は40GB。IEEE 802.11b/g対応の無線LAN機能、Bluetooth 2.0+EDRなどにも対応する。

収納したところ
キーボードを収納して、地図を表示したところ

 本体は新書版とほぼ同じ大きさの幅192.3×奥行き84×高さ25.9mm(最短部188mm)。重量はペットボトル1本分より軽い約470gとなる見込み。解像度1024×600ドットの5インチ液晶ディスプレーや、チルト機構搭載のスライドキーボード、ワンセグチューナー、MicroSDカードスロットなども装備する。

キーボード
キーボード。一部Fnとのコンビネーションで打ち込むキーと、右側のキーが下側に追いやられている部分がある

 キーボードは、64キーのやや変則的だが、パソコンと同じQWERTY配列を採用。キーピッチは12.2mmピッチで、通常のタッチタイプのほか、両脇を挟み込むようなかたちで親指でタッチするといった使い方も可能だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART