このページの本文へ

世界初! ビックカメラ、46型3D立体液晶テレビ「E465S」を発売

2008年04月10日 17時19分更新

文● 盛田 諒/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ビックカメラは10日、HYUNDAI IT JAPAN(株)製の3D立体放送対応フルハイビジョン液晶テレビ「E465S」を発表した。発売は12日で、予定価格は49万8000円量産品の立体テレビとしては世界初の発売という。ビックカメラのテレビ取扱店(全国23店舗)と同社直販サイト「ビックカメラ.com」、またソフマップ秋葉原本館で販売する。

E465S「E465S」と立体放送のイメージ

 E465Sは、付属する専用のメガネを装着することで、衛星放送チャンネル「BS11」で放送する「3D立体革命」などの番組を立体映像として楽しめる46型の大画面液晶テレビ。同社では、2007年12月からビックカメラ有楽町店に「3D立体放送体感コーナー」を設置しており、テレビの発売に関して多くの問い合わせを受けていたという。

専用メガネ
専用メガネ

 表示解像度は1920×1080ドットで、コントラスト比は1200:1。地上/BS/110度CSデジタル放送チューナーを内蔵する。映像入力端子として、HDMI端子×2、Sビデオ端子×1、D3端子×2、コンポジットビデオ端子×3を備える。消費電力は270W。本体サイズは幅1143×奥行き310×高さ845mm、重量は約32kg。専用メガネは2つ付属する。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART