このページの本文へ

W42Kのユーザーは交換を忘れずに

au、「W42K」の電池パック交換を開始

2008年03月28日 17時20分更新

文● 編集部 末岡大祐

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は28日、auの携帯電話機「W42K」(京セラ(株)製) に搭載している電池パックの一部が、ある一定の条件下で発熱または膨張して発煙や破裂に至る可能性があるため、同端末の電池パックの無償交換を開始した。

電池パック
対象となる電池パックの型番は下記を参照

 症状としては、電池パックの外部にキズやヘコミなどによる力が加わった場合、絶縁シートが損傷し、充電と放電の繰り返しによるショートが内部で発生最終的には破裂することがあるというもの。

 W42Kの利用者には順次書面にて今回の不具合の報告と、交換用の電池パックが送付される。または、「W42K」お客様窓口(下記)に電話をかけることでも対処してもらえる。対象となる電池パックは以下の14種類

KY-YEA、KY-YFA、KY-YGA、KY-YHA、KY-YIA、KY-YJA、KY-YKA、KY-XDA、KY-XEA、KY-XFA、KY-XGA、KY-XIA、KY-XLA、KY-WAA

京セラ 「W42K」お客様窓口
0120-600-924(通話料無料)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART