このページの本文へ

FeliCaのデータをそのまま移動できる

au、EZ FeliCa対応携帯電話機のデータ移行サービスを開始

2008年03月27日 19時48分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は27日、機種変更時にEZ FeliCaチップ内のデータを一括して新しいau携帯電話機に移すサービス「EZ FeliCa データ移行」を4月1日から開始すると発表した。

 EZ FeliCaを利用中に故障修理や機種変更した場合、これまでは自分でプロバイダーとの手続きをする必要があったが、今後はauショップ店頭や、トヨタディーラーにあるケータイショップ「PiPit」などでまとめてデータの移行ができる。ただし、EZ FeliCaアプリは再ダウンロードが必要。EZ FeliCa データ移行の利用料は1回315円だが、9月30日までは無料キャンペーンを実施する。

 サービスの対象となるのはW51PをのぞくW50番台、W60番台のEZ FeliCa対応機種、MEDIA SKIN、INFOBAR 2。移行元、移行先ともに同サービスの対応機種であることが条件

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART