このページの本文へ

Leopard対応に併せて新機能も追加

アイギーク、Loepard対応のデータ復旧ソフト「Data Rescue II」を発表

2008年03月26日 20時28分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイギーク(株)は25日、データ復旧ソフト「Data Rescue II」のLoepard対応版を発売した(関連記事)。価格は1万5750円。既存ユーザーに対しては無料でアップデート対応する予定だ(詳細についてはウェブサイトにて後日発表)。

追加された対応ファイル 削除モード/フルスキャンモードに追加された対応ファイルは、emlx(Mail)/indd(InDesign)/qtz(Quartz Composer)など10種類以上

Leopard対応に併せて、削除モード/フルスキャンモードで選択できる対応ファイルの強化やボリュームのマウント/アンマウント機能など、ユーザーからのリクエストを反映させたという新機能が追加されている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中