このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Amazonのほしい物リストで、個人情報が漏れると大騒ぎ

2008年03月13日 19時13分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「あの有名人はこんなものをほしがっている」「メールアドレスしか公開していない有名サイトの管理人やブロガーの本名が分かった」「こんな恥ずかしいものをほしがっている人はこういう人たちだ」──。

Amazon.co.jp
Amazon.co.jpのトップページ

 Amazon.co.jpの「ウィッシュリスト」の名称が8日に「ほしい物リスト」と変わった。それをきっかけにして、11日頃から「ほしい物リストサーチ」で、複数の個人情報が閲覧できると大騒ぎになっている。



「ほしい物リストサーチ」で分かる情報とは


 ほしい物リストは、Amazonのストアから商品をリストアップし、友人や家族に知らせることができる機能だ。友人や家族は、そのほしい物リストから選んで購入、プレゼントできるようになっている。そこで、初期設定ではリストが一般公開となっている。

 このため、初期設定を変更せず一般公開している場合、名前や登録メールアドレスによってリスト作成者の情報が不特定多数のインターネットユーザーから閲覧できてしまう状態となっている。これが今回の騒ぎにつながってしまったのだ。

 自分の設定状況は、自分のほしい物リストのページから確認できる。ページに「非公開」という文字が表示されていれば、他人からは閲覧されない状態だ。ちなみに、ほしい物リストを作成していなければ、検索結果に個人情報が表示されることはない。

 ちなみに、少なくとも数年前から、Amazonのウィッシュリスト検索でメールアドレスを入力すると、ウィッシュリスト登録者の名前を見られるようになっていた。今回騒ぎになったのは、それだけ一般ユーザーが公開されている事実を知らなかったということを意味するのだろう。

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART