このページの本文へ

Leopard/Tiger/Windowsの3環境で動作改善

アップル、「AirMac Utility 5.3.1」を公開

2008年03月12日 23時33分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルジャパン(株)は11日、Time Capsule/AirMac Extremeベースステーション/AirMac Expressベースステーションの管理ソフト「AirMac Utility 5.3.1」の配布を開始した。本バージョンでは全般的な修正および互換性の改善が施されている。

Time Capsule AirMac Extremeベースステーション
Time CapsuleAirMac Extremeベースステーション
AirMac Expressベースステーション AirMac Expressベースステーション

対象となる製品と接続したMacで「AirMacユーティリティ」を起動すると、起動時の自動アップデート機能や「AirMacユーティリティ」の「アップデートを確認」メニューを選択することで最新版をダウンロードできる。また、アップルのウェブサイトからもダウンロード可能だ。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください