このページの本文へ

Mac環境にマッチするアルミボディー

バッファロー、FireWire 800/eSATAポート搭載の外付けハードディスク「HD-MIBSU2」シリーズを発売

2008年02月27日 17時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バッファローは27日、FireWire 800/400に加え、eSATAやUSB 2.0ポートを備えた外付けハードディスク「HD-MIBSU2」シリーズを3月中旬に発売すると発表した。ラインアップは320GB/500GB/1TBの3モデルで、価格は順に2万7200円/3万2600円/6万5500円。

HD-Mシリーズ Macになじむアルミボディーを採用

Macを意識したアルミボディーを採用した外付けハードディスクで、FireWire 800×2基、FireWire 400×1基、USB 2.0×1基、eSATA×1基という多彩なインターフェースが特徴。Mac用のバックアップソフト「Memeo LifeAgent」を同梱するほか、Mac OS X 10.5のバックアップ機能「Time Machine」にも対応する。無線LANベースステーション「AirMac Extremeベースステーション」のUSBポートと接続してのネットワーク共有も可能だ。

本体サイズは幅38×奥行き228×高さ128mm、重量1.5kg。電源はACアダプターを利用する。対応OSはMac OS X 10.4以上(eSATA非サポート)、Windows Vista/XP/2000(Windows環境ではFireWire 800は非対応)。Memeo LifeAgentの対応OSはMac OS X 10.4.8以上。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中