このページの本文へ

Gigabyte「GA-EX38-DQ6」

「X38」マザー久々! 消費電力機能「Dynamic Energy Saver」をサポート

2008年02月26日 22時20分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「X38」搭載のLGA 775対応マザーボードに久々の新作が登場、Gigabyteの消費電力制御機能「Dynamic Energy Saver」に対応するのが特徴の「GA-EX38-DQ6」が発売となっている。

「GA-EX38-DQ6」 パッケージ
消費電力制御機能「Dynamic Energy Saver」に対応するのが特徴のX38」搭載LGA 775対応マザー「GA-EX38-DQ6」

 この製品は付属ソフトによる消費電力制御機能「Dynamic Energy Saver」に対応するのがポイントの「X38」搭載マザー。基本的なスペックはGigabyteの「X38」搭載マザー最上位モデルとなる「GA-X38-DQ6」と同じで、電流の抵抗値が少ない低発熱な低RDS(on)MOSFET、高効率なフェライトコア(コイル)、日本メーカ製の耐久性固体コンデンサの採用、12フェーズの電源回路、全銅製のサイレントパイプ設計などをウリとするもの。
 その他、主なスペックはSouth bridgeが「ICH9R」。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×2、PCI Express x1×3、PCI×2、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1200/1066/800/667、最大8GBまで)という構成。またオンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネットやIEEE1394、8chサウンド、Serial ATA II×8(RAID対応)、IDE×1などを搭載。Gigabyte独自機能として、FSBは1600MHzまでオーバークロックを前提に対応している。価格はアーク(27日入荷)とTSUKUMO eX.、BLESS秋葉原本店で3万3800円となるほかツクモパソコン本店IIやT-ZONE.PC DIY SHOPでも近日入荷予定だ。

「GA-EX38-DQ6」基板 IO部
DES以外の基本的なスペックはGigabyteの「X38」搭載マザー最上位モデルとなる「GA-X38-DQ6」と同じ。同社の「X38」搭載マザー最上位モデルとなる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中