このページの本文へ

教育者を支援する「Apple Learning Interchange」を開設

リポート:ムービーによる教育の実践集、「第1回デジタル教材コンテスト」

2008年02月26日 03時58分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple Teaching Materials Contest


アップルジャパン(株)は23日、アップルストア銀座店にて「第1回デジタル教材コンテスト」の授賞式を開催した。昨年9月10日から12月31日にわたって応募を受け付けていた本コンテストは、教室で役立つ動画コンテンツや指導案を現場の教職員などから広く募り、アイデアと実践に即した完成度を競うというもの。ここには、教材のアイデアを共有する場を創出するとともに、その制作過程でMacをはじめとした同社製品の活用方法をアップルがバックアップしていくという狙いがある。

応募作品は、長崎大学教育学部の寺嶋浩介准教授、石川県立金沢伏見高校の河岸美穂教諭、石川県かほく私立外日角小学校の小林祐紀講師、関西大学総合情報学部の黒上晴夫教授(入試のため授賞式は欠席)らによる審査を経て、グランプリ1点、準グランプリ1点、優秀賞10点、佳作30点、特別企画賞(Podcast)1点、教育学部特別賞2点が選出された。なお、副賞としてグランプリにはMacBook Pro、準グランプリ/特別企画賞/教育学部特別賞にはMacBook、優秀賞にはiPod touch、佳作にはiPod shuffleが贈られた。


グランプリ

Teaching Materials Contest「ミニ討論ゲームで遊ぼう」でグランプリを獲得した熊本市立飽田東小学校の前田康裕教諭。読解にとどまらず、児童が「討論ができる教材を作りたい」と考えたコンテンツだ。「あらゆる面で完成度がピカイチ。この授業を受けた子どもたちはどう成長するんだろうと考えると、非常にわくわくする」(審査員の小林氏)

準グランプリ

Teaching Materials Contest準グランプリは、杉並区立桃井第二小学校の中島武史教諭が制作した「おはしのマナー」。間違い探し風に箸を中心にしたテーブルマナーを学習するコンテンツだ。「テーマが面白いうえに、映像がシンプルでわかりやすい。2つのムービーを比べて学べる方法も、授業で使う意図が明確」(審査員の寺嶋氏)

教育学部特別賞

Teaching Materials Contest教育学部特別賞は、玉川大学教育学部の浪久隼斗氏による「整理の仕方」(右)と、稚内北星学園大学の牧野竜二氏による「もし自分の身近で大切なものがなくなったら」(左)の2作品。浪久氏は、算数が苦手だった自分だからこそできた教材だという。牧野氏の作品は、公共施設の役割を再発見する学習コンテンツ。牧野氏らの活動が、稚内で教育に映像を試験導入するきっかけとなった

特別企画賞(Podcast)

Teaching Materials Contest特別企画賞(Podcast)に輝いた北海道札幌平岸高等学校の吉岡隆教諭による「美術館と連携して彫刻作品をPodcastで紹介する」は、ほかの作品とは少し違った立ち位置。動画コンテンツそのものではなく、札幌芸術の森野外美術館の学芸員とともに作品紹介のポッドキャストを制作するという動画制作を通じた指導方法が評価された。「地域と連携しながらアート観賞や映像制作といった学習ができる点がすばらしい」(審査員の河岸氏)

パネルディスカッション

また授賞式のあとには、第2部としてグランプリ受賞者の前田康裕教諭、横浜市立大口台小学校の佐藤幸江教諭、アップルジャパン(株)の山元賢治代表取締役によるパネルディスカッションが開催された。コーディネーターは独立行政法人メディア教育開発センターの中川一史氏が務め、事例研究として動画コンテンツを「見て考える」「やってみる」「使ってみる」と活用する前田教諭の授業や、デジタルカメラを使った取材/報告の過程をムービーに収め、児童の自己反省に基づく向上を図る佐藤教諭の授業を紹介。

Teaching Materials Contest
パネルディスカッションに参加した3氏。左から前田康裕教諭、佐藤幸江教諭、山元賢治代表取締役

パネルディスカッションの中で、映像と言葉を行き来するポイントとして、前田教諭は「ムービーは情報量が多いので短いクリップを心がけ、児童のレベルにあった発問と教材が大切」と語り、佐藤教諭は「例えばムービーを見せるときに音声を消してみたりといった、状況をコントロールする教師の立場」を強調した。


アップルは同日、教育者が授業で使えるデジタルコンテンツやデジタル時代の授業のノウハウを共有する場として「Apple Learning Interchange」をオープン。「第1回デジタル教材コンテスト」に入賞した作品を掲載している。なお、「デジタル教材コンテスト」は、今後も継続的に開催していくという。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中