このページの本文へ

4色カラーから選べる「H11T」

【フォトレポート】ありえない!? イー・モバイル初の音声端末に触った!(東芝編)

2008年02月25日 23時02分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・モバイル(株)は25日、電話サービスへの参入を明らかにするとともに、台湾HTC製の「S11HT」、(株)東芝製の「H11T」という2種類の端末を発表した(関連記事)。前編のHTC製「S11HT」に続き、東芝の「H11T」のレポートをお届けしよう。

H11T
東芝の折りたたみ型端末「H11T」。ホワイト/ブラック/ピンク/ブルーの4色のカラーが用意されている


ワンセグを視聴できる「H11T」


ワンセグ ディスプレーサイズは2.8インチで、解像度は400×240ドット。ワンセグの映像は縦向き、横向きどちらでも視聴できる。「文字」キーで映像の縦横表示を切り替え可能。大型のドームキーは押しやすい
二軸ヒンジを採用 二軸ヒンジを採用し、回したうえ折りたたんでワンセグを見られる
ワンセグ サブディスプレー
側面の「TV」ボタンでワンセグをすばやく起動できる。音量調整やチャンネルの切り替えも側面ボタンで行なえる。厚みは17.9mmほどだが、実際に手にするとスペック以上に厚く感じられた背面中央付近にうっすらと見えるのが、モノクロ有機ELのサブディスプレー(96×39ドット)
フルブラウザー Bluetooth
フルブラウザーを搭載し、パソコン向けサイトを閲覧できる。本体の「EMnet」キーを押すとインターネットのトップページとして「Googleモバイル」が開き、GmailやGoogleマップも利用できる。ブラウザーの表示を横向きに回転することも可能Bluetooth 1.2(プロファイルは「A2DP」や「DUN」など)に対応し、対応ヘッドホンを使ってワンセグやミュージックプレーヤーなどの音声をワイヤレスで聴ける。また、Bluetooth経由でパソコンをインターネットに接続することも可能だ
GPSを搭載し、「NAVITIME」によるルートナビゲーションが可能だデコレーションメールや絵文字、ムービーメールにも対応する。「今日のごはん」や「便箋」など5種類の装飾テンプレートを標準搭載する。絵文字は261種類
モバイルルポ 東芝製ということで、日本語入力システムには「モバイルルポ」を搭載する

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART