このページの本文へ

端末はHTCと東芝の2種類を用意

【速報】イー・モバイル、月額基本料0円の電話サービスを3月28日からスタート

2008年02月25日 15時24分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イー・モバイル(株)は25日、3月28日より音声通話サービスを開始すると発表した。端末は台湾HTC製のスマートフォン「EMONSTER S11HT」と、東芝の折りたたみ型端末「H11T」の2種類を用意。3月1日から予約を受け付ける。

 電話サービスは、固定電話/携帯電話/PHS/IP電話の発着信、国際電話の着信に対応。東芝の端末のみドコモの国内ローミングに対応する(後述)。イー・モバイル端末同士で使えるショートメッセージサービス(SMS)も用意する。HTC/東芝の端末ともに、3.6Mbps HSDPA通信によるデータ通信を利用できる。

 特徴は、(1)月額基本料が0円で、新料金プランである「スーパーライトデータプラン」のパケット定額使用料(1000〜4980円)のみを支払うことで利用可能、(2)月額980円でイー・モバイル加入者間の通話が24時間無料、(3)データカードとセットで電話サービスを申し込むと、電話側の月額パケット定額料金が0円となる──という3点。同社は「3つのメガとく」として提案する。

 同社の千本倖生代表取締役会長兼CEOは、今までの携帯電話の料金プランが分かりにくかったことに触れ、「3つの0円を当社のケータイサービスの、ありえないメリットとして皆さんに提供したい」と語った。

3つの「メガとく」千本倖生代表取締役会長兼CEO

 HTCの「EMONSTER S11HT」は、2.8インチディスプレーとQWERTYキーボードを備えたWindowsモバイル機。GPSやBluetooth 2.0、IEEE 802.11b/gの無線LANを備える。端末を含めた一時金価格は、「ご加入アシストにねん」で加入した場合で1万9980円、「新にねん」で4万3980円、「ベーシック」(年とく割含む)で6万7980円。

 東芝の「H11T」は、ドコモのローミング(月額使用料は100円、音声通話料は30秒22.05円)に対応しているのが特徴。2.8インチ液晶と324万画素のカメラを搭載し、ワンセグテレビの視聴にも対応する。本体カラーはPure White/Straight Blue/Dynamic Black/Creative Pinkの4色で、それぞれ4つの血液型の性格と合わせたという。端末を含めた一時金価格は、「ご加入アシストにねん」で加入した場合で9980円、「新にねん」で3万3980円、「ベーシック」(年とく割含む)で5万7980円。

HTCの「EMONSTER S11HT」東芝の「H11T」
他社の携帯電話には1分18円、加入電話には1分10円で通話できる。他社の加入制限のない定額料同水準のプランでは、携帯電話/加入電話ともに1分40円というドコモのローミングと合わせると、人口カバー率が95%となる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART