このページの本文へ

Gainward「Bliss 9600 GT 512MB GS」

「DisplayPort」搭載のVGAがサンプル展示中!

2008年02月22日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既存のDVIを超える高解像度デジタル映像出力を実現する新規格「DisplayPort」を搭載する「GeForce 9600 GT」搭載のビデオカードGainward製「Bliss 9600 GT 512MB GS」のサンプル版がTWOTOP秋葉原本店で展示中だ。

「Bliss 9600 GT 512MB GS」 次世代デジタルインタフェースのひとつ「DisplayPort」を搭載する「GeForce 9600 GT」搭載のビデオカードGainward製「Bliss 9600 GT 512MB GS」

 「DisplayPort」はVESA(Video Electronics Standards Association)が策定した次世代デジタルインタフェースのひとつ。すでに普及が始まっているHDMIと同様に1本のケーブルで映像信号と音声信号を送ることができる。信号線1本の信号伝送速度は最大2.7Gbps。これを4本束ねケーブル1本当たりの信号伝送速度は最大10.8Gbpsとなる。
 実際に搭載カードが出てきた今回の「GeForce 9600 GT」はもちろん、先日発売されたDirectX 10.1対応の「Radeon HD 3000」シリーズでも「DisplayPort」に正式対応済み。また、デルの30インチワイド液晶ディスプレー「3008WFP」などがインターフェイスに「DisplayPort」を備えている。

「DisplayPort」 HDMIと並んで搭載されている「DisplayPort」。HDMIと同様に1本のケーブルで映像信号と音声信号を送ることができる

 国内では久々の登場となるGainwardの「Bliss 9600 GT 512MB GS」は、ヒートパイプ採用のオリジナルクーラーを採用したことで厚みは2スロット仕様。2段ブラケット部には「DisplayPort」のほか、HDMI×1/DVI×2/SPDIFを搭載している。
 その他、主なスペックはコア/メモリ/シェーダークロックが700MHz/2000MHz/1750MHzのオーバークロック仕様。搭載メモリはDDR3 512MB。TWOTOP秋葉原本店によると近日入荷予定で価格は2万3980円とのことだ。

「Bliss 9600 GT 512MB GS」 I/O部
「Bliss 9600 GT 512MB GS」は、ヒートパイプ採用のオリジナルクーラーを採用したことで厚みは2スロット仕様。2段ブラケット部には「DisplayPort」のほか、HDMI×1/DVI×2/SPDIFを搭載している

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中