このページの本文へ

自宅のオーディオセットでiPodの音楽を楽しむ

フォーカル、iPod用オーディオシステム「NavDock」を発表

2008年02月22日 19時36分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フォーカルポイントコンピュータ(株)は21日、iPodのビデオやスライドショー、音楽などをテレビやステレオコンポに接続して楽しむ「NavDock」を3月上旬に発売すると発表した。価格は1万9800円で、同社のオンラインショップ「Focal Store」にて予約受付中だ。

米テキオン社製の「NavDock」は、Dockコネクターを搭載したiPodのある音楽や写真を、自宅のテレビやプロジェクターで楽しむマルチメディアホームステーション。本体にコンポジット/S-ビデオやRCA端子を備え、スピーカーやステレオコンポに接続して臨場感のあるサウンドを楽しめる。

Front 第2世代iPod nano/第5世代iPod 30/60/80GB用のアップル純正iPod Universal Dockアダプターが付属する。また、iPod touchは音楽再生のみの対応だ
back 映像端子には、コンポジット/S-ビデオ端子が搭載されている。RCA端子も搭載されているので、パワードスピーカーにつなげばオーディオシステムにもなる。なお、S-ビデオ端子ケーブルは付属していない
remocon 付属のNavDockリモコンには、コントロールパッドや再生/一時停止/早送り/巻き戻し/音量調節などの各種ボタンとホームなどにアクセスできるワンタッチキーを搭載しており、テレビ感覚で操作可能だ

音楽再生時には、曲の情報やアートワークを表示できる。本体サイズは127×27×27mmで、重さは約195kg。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中