このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

次世代DVD競争は終焉に

東芝、緊急会見でHD DVD事業終息を発表【更新版】

2008年02月19日 19時32分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)東芝は19日、次世代光ディスク「HD DVD事業の終息を正式に発表した。

西田厚聰氏代表取締役社長の西田厚聰氏

 同社はHD DVD事業の終息についての緊急記者会見を東京・浜松町の本社にて開催。会見では、同社代表取締役社長の西田厚聰(にしだ あつとし)氏により、HD DVD事業の終息理由が語られた。西田氏は、「先月初め、弊社と1991年に資本提携を行ない、以来親密な関係にあったワーナーブラザーズ社から突然の方針変更が表明された。そのことで市場における競争環境が変化したため」とした。

 また西田氏は、「HD DVDは技術的やコスト面、利便性でも、他社のメディアに対する優位性があるという自信は変わっていない。一方で経営を預かるものとして結果としての現在の市場環境に冷静に対処し、変化への多様策を講じる必要があった」と述べた。

 今後のHD DVD機器に関しては、新商品の開発や生産を中止するとともに、3月末を目処に事業を終息する予定としている。またアフターサービスについては、製造終了後8年間は修理・補修用として部品を保管し、サポートを受け付ける

 なお質疑応答での、「Blu-rayディスクドライブ搭載機器の販売予定はあるか」という質問に対し、西田氏は「現時点で販売の予定は全くない」と強く強調していた。

 今後同社は、NAND型フラッシュメモリーや小型のストレージ技術や、画像処理技術など自社の強みを活かして中長期的な戦略を構築していく予定とのこと。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART