このページの本文へ

本当に傷つかないか擦り倒したぞ

擦っても傷つかない? 新「LaVie J」を金ブラシで擦ってみた! 

2008年02月19日 16時15分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本電気(株)とNECパーソナルプロダクツ(株)が19日発表した「スクラッチリペア」塗装を施したモバイルノートPC「LaVie J」(関連記事)。同日、傷つけても自己修復するというこのマシンに触れられる記者説明会が開かれたので、早速ガリガリと擦ってきた。

モバイルノートPC「LaVie J」 モバイルノートPC「LaVie J」

 スクラッチリペア塗装とは、ゴムのように弾力性の高いポリエステル系の樹脂と、表面を滑りやすくするシリコン系の樹脂を組み合わせて開発された「自己治癒性コーティング剤」による塗装のこと。カラー塗装が施された通常の天板の上にスクラッチリペア塗装を施すことで、非常に傷が付きにくくなるという。

自己治癒性コーティング剤
「自己治癒性コーティング剤」。粘性の高い糊のような液体だった

 一般的な擦り傷などは数秒で元通りになるというスクラッチリペアだが、塗装が剥がれるような傷や塗装自体を切断するような深い傷によっては、カラー塗装の部分まで傷が貫通してしまい修復はできなくなる。また周囲の温度が低い場合も、塗装の弾力性を失ってしまい傷がつきやすくなってしまうそうだ(PC本体の動作温度の範囲であれば問題ない)。

 説明会では、塗装が施された天板と金ブラシが用意されており、自由に天板を擦り倒せるようになっていた。早速擦ってみる。

金ブラシと天板 擦った後の天板
かなり力を入れて金ブラシでこすったが数秒で元通りになってしまう
カメラだってぶれる ぶれぶれぶれ カッターナイフが欲しい
何故か悔しいのでさらに必死になってこする。カメラだってぶれる燃えろ! 俺のコスモ(小宇宙)!金ブラシ程度じゃどうにもならないことはわかった

 写真だけでは実際に傷が直っているかが判別しにくいため、金ブラシで天板を擦っている動画も用意した。

 結論として、この天板は金ブラシで擦るといった擦過傷程度では傷が付かないことがわかった。ナイフなどの刃物で塗装自体を切断するか、ノコギリなどを使用して壊滅的な傷を付けない限り、傷が残ることはないだろう。この塗装が天板だけではなく、液晶ディスプレーの部分にも塗布できるようになれば画期的なのだが……。いかがでしょうか、NECの技術者様。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン