このページの本文へ

au、ベトナムでCDMA 1Xのデータローミングサービスを提供開始

2008年02月18日 19時54分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は18日、国際ローミングサービス「グローバルパスポート」において、ベトナムでメールやウェブ閲覧などのパケット通信が今月19日より可能になると発表した。料金は1パケットあたり1.5円。

 ベトナムで利用できるエリアは、現在CDMA 1Xで音声ローミングサービスが提供されている地域とは若干異なる。対応地域は下記関連サイトを参照してほしい。対応サービスは、「Eメールの送受信」、「EZweb」、「Cメール受信」の3つ。通信速度は下り最大144kbps、上り最大64kbpsとなる。BREW通信やGPS通信を伴うサービス、パソコンとの接続は利用できない

 なお、海外でデータローミング利用ができる国や地域は米国、ハワイ、中国、韓国、タイ、台湾、カナダ、グアム、サイパン、インド、インドネシア、イスラエル、ベトナムの合計13の国と地域となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART