このページの本文へ

MSI「P6NG Neo-L」

「GeForce 7050」チップセット初のATXフォームファクタマザー発売

2008年02月16日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MSIからチップセットに「GeForce 7050+nForce610i」を採用するLGA 775対応マザーボード「P6NG Neo-L」が発売された。

「P6NG Neo-L」 ポップ
チップセットに「GeForce 7050+nForce610i」を採用するLGA 775対応MSI製マザーボード「P6NG Neo-L」。GeForce 7050では初のATXフォームファクタとなる

 同マザーのポイントとなるのはチップセットにVGA機能統合型の「GeForce7050+nForce610i」を採用しながらもフォームファクタがATXの点。ただ、拡張スロットの構成はPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667/533対応、最大4GBまで)と控え目で、いまいちATXフォームファクタの広い基盤面積が活かされていないように感じる。
 その他、オンボードインターフェイスとして、チップセット統合のVGAや 8chサウンド(Realtek/ALC888)、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/8201CL)、Serial ATA II×4(RAID 0/1/0+1)、ATA133×1などを搭載する。価格はアークで9380円となっている。

拡張スロット I/O部
拡張スロットの構成はPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667/533対応、最大4GBまで)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中