このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新機種リポート:MacBook Air Vol.2

極小Core 2 Duoを搭載するロジックボードをチェック!!

2008年02月14日 01時00分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新機種速報の第二弾はロジックボード解説。MacBook AirのCPUは、1月のMacworld Expo & Confereneceの基調講演のスライドで紹介されていたように、米インテル社が開発したMeromベースのCore 2 Duoを極小サイズにパッケージングした特別仕様だ。この注目のCPUとともにアーキテクチャーをチェックしていこう。

底面パネルは10本のプラスネジで固定

その薄さを実現するため拡張性を制限しているが、内部に搭載されるパーツも非常に少ない。内部へのアクセスは非常に簡単で、底面の10本のネジを外すだけでいい。底面パネルを外すとほとんどの内部の部品を一覧できる。写真手前の黒い部分がリチウムポリマー充電池だ。リチウムイオンバッテリーなどに比べ、形状の自由度が高いという特徴がある。

MacBook Air底面 MacBook Airネジ
MacBook Airは、底面パネルが10カ所のプラスネジで本体(キーボードパネル)に固定されている使われているネジは3種類。最も長いネジはヒンジ部分の2カ所、2番目に長いネジはヒンジ側の両端の2カ所、最も短いネジはそのほかの6カ所に使われている
MacBook Air内部 MacBook Air底面裏
底面パネルと取り外すと、リチウムポリマー製の黒いバッテリーが露出する。バッテリーの交換はユーザーには許されておらず、サポートセンターに依頼する必要がある底面パネルの内部側にはパネルを取り付ける方法がイラストで説明されている。パームレスト側に押し込むようにして装着すればいい
MacBook Airバッテリー MacBook Airバッテリー
MacBook Airの充電池は、iPodと同様に形状の自由度が高いリチウムポリマーが使われているバッテリーは底面の4分の3ほどを覆っており、左右と下部左右(手前)の各2本、中央の1本のネジでキーボード側のパネルに固定されている

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中