このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! ― 第76回

デバイスドライバーのインストール画面が変わった

2008年02月15日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows XPのドライバーインストール時に、Windowsロゴテストに合格していない場合に表示されるダイアログ Windows Vistaでの、ドライバーインストール時に発行元が確認できない場合に表示されるダイアログ
Windows XPのドライバーインストール時に、Windowsロゴテストに合格していない場合に表示されるダイアログWindows Vistaでの、ドライバーインストール時に発行元が確認できない場合に表示されるダイアログ

この機能はWindows Vistaの全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows Vistaで周辺機器のドライバーをインストールする手順は、Windows XPとほぼ変わらないが、ダイアログが一新されている。また、ドライバーのインストールはユーザーアカウント制御(UAC)機能の対象でもあり、UACのダイアログも表示される。

 Windows Vistaでは、署名のないドライバーをインストールする際に管理者権限が必要になった。Windows XPでは、「Windowsロゴテストに合格していない」という確認ダイアログが開くだけだったのが、VistaではこれによりUACの認証が必要になったのだ。その代わり署名が確認できるドライバーなら、確認ダイアログを開かない“サイレントインストール”が可能になるのも特徴だ。

新しい周辺機器が検出されると、ドライバーのインストールが促される 新しい周辺機器が検出されると、ドライバーのインストールが促される。インストールするにはUACの認証が必要

 ドライバーのインストール手順は、XP時代とほぼ同じだが、ダイアログの記述が分かりやすくなっている。また、ドライバーソフトウェアの発行元が不明な場合は、ウィンドウに赤いラインを表示して目立たせている。選択肢も分かりやすい日本語になったうえ、解説が付いているので初心者でも理解しやすい。

ドライバーの製造元が確認できない場合、確認ダイアログが開く ドライバーの製造元が確認できない場合、確認ダイアログが開く
インストール手順はWindows XPと同じ ドライバーの場所を指定するといったインストール手順は、Windows XPと同じ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン