このページの本文へ

安定性とパフォーマンスが向上

アップル、「iPhoto 7.1.2」「ProKit 4.5」「Braille Display Update 1.0」を公開

2008年02月06日 21時09分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルは米国時間の6日、iPhotoや同社のプロ向けソフトなどのアップデーター3本を公開した。iPhoto用の「iPhoto 7.1.2」のほか、Final Cut StudioやApertureユーザー向けの「ProKit 4.5」、点字ディスプレイに関する「Braille Display Update 1.0」。記事執筆時点で米国アップルのウェブサイトおよび「ソフトウェア・アップデート」経由で入手できる。なお、OS Xの点字サポートは英語のみだ。

software01 「iPhoto 7.1.2」は、全体的なパフォーマンスのほか.Mac Web Galleryに写真をアップロードする際の安定性が向上。「ProKit 4.5」は、Final Cut StudioやApertureなど、プロ向けのソフトで信頼性が向上している。「Braille Display Update 1.0」では、点字ディスプレイのサポート機器が拡大した

対応システムは、「iPhoto」と「ProKit」がMac OS X 10.4以上、「Braille Display Update」がMac OS X 10.5以上。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中