このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【レポート】音楽、映画をワイヤレスで持ち運ぼう――au春モデル10機種が発表

2008年01月28日 18時31分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 速報(関連記事)でお伝えしている通り、KDDI(株)は28日、au携帯電話機の2008年春モデル10機種と、既に発売している「W61SH」のカラーバリエーションモデル2色、さらに発売がやや遅れている秋冬モデル3機種を合わせた14機種を春商戦モデルとして順次発売していくと発表した。

春モデル
春モデル11機種に、発売が遅れていた3機種を合わせた14機種が展示されていた

 ここでは同日、東京・港区のザ・プリンス パークタワー東京にて開催された新製品発表会のプレゼンテーションの模様などをお伝えしていく。

音楽の楽しみ方はワイヤレスでさらに広がる


高橋氏 コンシューマ事業統轄本部長の高橋 誠氏

 同社の新モデル発表会でおなじみのコンシューマ事業統轄本部長の高橋 誠氏は、「EZ着うたフル」や「LISMO」(リスモ)などのサービスの広がりによって、「音楽の楽しみ方を拡大してきた」と語る。そして春モデルでは、KCP+プラットフォームを採用するハイエンドモデルにおいて、Bluetoothによる無線通信機能を搭載し、ワイヤレスヘッドホンなどを活用することで、ケーブルがいらない「ワイヤレスミュージック」を提案していく。

 なお、高橋氏によると、「Bluetoothという言葉は、普通の人が聞いても難しいものになってしまうので、“ワイヤレスミュージック”という簡単な言葉に置き換えている」という。

音楽 ワイヤレス
Bluetoothを活用したワイヤレスミュージックを提案する

 そのほかにも音楽に対する取り組みとして、秋冬モデルでも発表していたソニー(株)のオーディオ機器「ネットジューク」との連携の推進や、日本ビクター(株)が開発した圧縮音源用の高音質化技術「netK2」(ネットケーツー)がハイエンドモデルに組み込まれていることが挙げられる。

netK2 ハイエンドモデルでは、ビクターの圧縮音源用高音質化技術「netK2」を搭載する

ケータイとパソコンを活用したスポーツへの利用も


 auでは今月31日に、ケータイとパソコンを連携させたスポーツサポートサービス「au Smart Sports Run&Walk」の提供を開始する。本サービスは、ケータイ側にインストールする「Run&Walkアプリ」と、サポートサイト「Run&Walkサイト」を組み合わせたものとなる。

au SS Run&Walk
au Smart Sportsのロゴマークアプリとサービスサイトを組み合わせて利用する「Run&Walk」

 また、同社は以前より有名ブランドとのコラボレーション企画を進めてきているが、「au Smart Sports」でも「basjack」や「JOURNAL STANDARD」、「IENA」とのコラボアイテムを提供していく。

コラボ 有名ブランドとのコラボ企画も

ケータイ初の3インチ有機ELパネルで映像へのこだわりを見せる


 高橋氏は、「auは以前から有機ELにこだわってきた」として、三洋電機(株)製の「W61SA」にて、携帯電話機として初となる3インチ有機ELパネル(240×432ドット)を搭載した。ワイドVGA(480×800ドット)ではなく、ワイドQVGAにした理由として高橋氏は、「映像をより美しく見せるため」と語った。

W61SA ケータイ初となる3インチ有機ELディスプレーを搭載

 その映像へのこだわりの一環として、今春より映像サービス「LISMO Video」を開始する。LISMO Videoでは、映画や海外ドラマが携帯電話機で楽しめる配信サービス。具体的なサービス内容については別途発表を行なうという。

LISMO Video 映画や海外ドラマなどの映像配信サービス「LISMO Video」

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART