このページの本文へ

まるで博物館! 歴代CPUを展示した「20世紀CPU年表」がフェイスパーツ館に出現!

2008年01月19日 22時09分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フェイス パーツ館に、歴代のデスクトップCPUをショーケースに並べた「20世紀CPU年表」が出現した。壁一面にCPUが展示されている様は、まるで博物館に見学に来ているような印象を受ける。

「20世紀CPU年表」 「20世紀CPU年表」
歴代のデスクトップCPUをショーケースに並べた「20世紀CPU年表」

 この展示は、1999年以前のインテル、AMD、サイリックスなどのデスクトップCPUを集め、年代順に並べて展示するという同店の企画が実現したものだ。展示されているCPUはフェイス パーツ館のオープン当時に、ユーザーに提供を呼びかけて収集したもの。インテルの「i486 DX」やAMDの「K6-II」などの往年の名プロセッサをはじめ、スロットタイプの「Pentium」や未開封のインテル「80487SX」などが展示されている。古くからの自作PCマニアには懐かしく、自作PCの世界に最近足を踏み入れた人には珍しく映るのではないだろうか。自作PCユーザーなら、秋葉原に訪れた際に是非このCPU年表を見ることをオススメする。テクノロジーの進化や、CPUメーカーの試行錯誤が感じ取れるに違いない。

歴代CPU 歴代CPU 歴代CPU
懐かしいCPUがズラリと並んでいる様は、まさに博物館! 秋葉原に訪れた際は巡礼したいスポットだ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中