このページの本文へ

ウィルコム、NTTドコモやauと相互に絵文字を変換して送受信可能に

2008年01月17日 21時59分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ウィルコムと(株)ウィルコム沖縄は17日、同社のPHS端末と(株)NTTドコモ、もしくはau(KDDI(株))の携帯電話機との間でEメールを送受信する際に、それぞれのキャリアー向けの絵文字を相互変換するサービスを今月22日に開始すると発表した。

 このサービスは、ネットワーク内でコードを変換して同等の絵文字に変換表示するため、申し込みや設定は不要。現在は絵文字が「〓」などに変換されていたが、22日以降は、絵文字を含んだメール作成を行なえば、相手先には自動的に変換された絵文字でメールが届く

 ウィルコム側の絵文字対応機種は、「WX320KR」や「WX320T」、「WX320K」など音声端末が主だが、2008年3月をめどに「Advanced/W-ZERO3[es]」でも対応予定だという。

 なお、ソフトバンクモバイル(株)の携帯電話向けの絵文字変換サービスは現在のところ提供されていないが、今春を目途に対応するとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART