このページの本文へ

米国ではiTunesで映画レンタルも開始

アップル、「Apple TV」に「iTunes Store」の楽曲を直接購入できる機能を追加

2008年01月16日 04時56分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
38916
「Apple TV」

 米アップルは現地時間の15日、ネットワークメディアプレーヤー「Apple TV」の値下げと、旧製品のソフトウェアアップデートをおよそ2週間以内に行なうと発表した。

 価格は、40GBモデルが299ドルから229ドル、160GBモデルが399ドルから329ドルに変更される(日本における価格は現時点で未発表)。

 ソフトウェアアップデートの目玉は、Apple TVから直接iTunes Storeにアクセスし、映画をレンタルできるという「iTunes Movie Rentals」だが、これは日本では提供されない。

 日本では、Apple TVでiTunes Storeの楽曲が直接購入できる機能や、「.Mac Webギャラリー」「Flickr」といったオンラインストレージにApple TVでアクセスして写真を表示する機能が利用できるようになる。

 なお、iTunes Movie Rentalsでは、新作が3.99ドル、旧作が2.99ドルで提供される。20世紀フォックス、ウォルトディズニースタジオ、ワーナーブラザーズ、パラマウント、ユニバーサルスタジオ・ホームエンターテインメントといった映画会社がコンテンツを提供する。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中