このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第36回

正月も猫三昧!――猫だらけの港町(後編)

2008年01月16日 00時00分更新

文● 猫写真家 荻窪圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
屋根の端っこで日向ぼっこ中
屋根の端っこで日向ぼっこ中。向こうに見えるのは海と「仙酔島」(せんすいじま)。山側の斜面で撮影したため、ちょっと下にある家だと庇(ひさし)が目の高さになる。そんな起伏も面白い(2008年1月 ニコン「D40X」)

 前回(関連記事)に続いて、広島県鞆の浦(とものうら)で撮影した猫の話。前回は海べりを猫を求めて散歩してみたのだが、今回は山の方。といっても、とても狭い街なので、海を背にして路地をちょっと歩くとすぐ斜面である。

 自転車すら通るのが困難な、狭くて急な路地を上りきると、いつも猫がたまってる場所がある。見通しが良くて空き地も多くて猫には格好の場所だが、今日に限って1匹も見ない。ここを訪れるのは約1年ぶりなので何かあったのかと探すと、何のことはない、南向きの斜面で3匹が寄り添って日向ぼっこしてたのである。寒い冬はやはり寄り添うのが一番。

草の影で寄り添って昼寝してた猫
見つけたとき、白いヤツがいち早く起き上がってしまったが、実はこの3匹が草の影で寄り添って昼寝してたのである(2008年1月 ニコン「D40X」)

 せっかく見つけたので指先を振るわせながら呼んでみると、白いヤツがのそのそとやってきて、指先の匂いを嗅いだかと思うとそのままパクリ。びっくりして指をひっこめたのだが、カメラを持った右手は本能的にシャッターを切ってたようで、その瞬間がしっかり撮れておりました。なんなんだか。

差し出した指をぱくっ
差し出した指の匂いを嗅ぎにやってきたと思ったら、パクっ。わたしの指は餌じゃないってば(2008年1月 ニコン「D40X」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART