このページの本文へ

au、携帯電話の“同報送信あて先数”制限を緩和――最大30件へ同報可能に

2008年01月08日 19時08分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は8日、現在最大5通となっているau携帯電話のEメールの“同報送信あて先数”を、今月16日午前10時に最大30通に変更すると発表した。迷惑メール対策が進み、迷惑メールが減少したことを受けた施策だという。

 au携帯電話のEメールの同報送信あて先は、2003年9月18日から1回あたり5件までに制限を行なってきた。さらにメールフィルター機能の拡張や、1日あたりのEメールの送信件数を同報を含めて最大1000件とする「Eメール送信数の制限」により、au携帯電話発の迷惑メールが減少して、今回の制限の緩和となった。

 なお、5件を超えて30件までの同報メールを送信する際は、現在販売中の機種の場合は「宛先入力制限」を手動でオフにする必要がある。1日あたり最大1000通の「Eメール送信数の制限」については引き続き実施される。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART