このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

【フォトレポート】コミックマーケット73

ベルトをしなけりゃアノ世逝き! アキバエキスプレス! 究極の痛車 in コミケ73【番外編】

2008年01月07日 21時30分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 痛車特集は【6痛目】で終わったが、同じ乗り物ということで東京ビッグサイト→秋葉原を結んでいた同人バスも紹介しよう!
 何度もコミケに足を運んでいる人なら、お馴染みになっているだろう「アキバエキスプレス」。Webサイト「魔導鐵道 磨来本線」の木無血さんが主体となって、同人でバスを運行するプロジェクトである。

 「同人バスなんて危ないじゃない?」と思う方もいるかもしれないが、実際に運行するのは観光バスの運転手さん。アキバエキスプレス自体は、発着場のありとあらゆる許可申請とダイヤ編成、受付に人員整理などを担当している。とはいえ、木無血さんは趣味が高じて個人所有のバスを持ち、バスでドライブを楽しむヘンな人だ(笑)。もちろん氏がハンドルを握る場合は、営業運転をしない。
 なおビッグサイト→秋葉原を約30分で結び、料金は1人800円。長い階段や乗換えを考えたら、コロコロはバスのトランクにブチ込んで、グリーン車なみのシートに座ってればアキバに着くとあって、人気の行列サークル(?)となっている。
 そして12月31日。北待機場駐車場が閉鎖される日に、スペシャル企画のジョイフルバスが運行された! その名もSKY BUSである!

国内に3台のみっ! オープンのダブルデッカーバス!

 アキバエキスプレスのジョイフルバスとして利用されたのは、この車体。

SKY BUS TOKYO アキバエキスプレスとして運行された
日の丸リムジン所有のSKY BUS TOKYO。ご覧の通り屋根がない!

 真っ赤なボディのサイドには、大きく描かれた“SKY”の文字に空のテクスチャが張り込まれ、見てお分かりの通り屋根がないっ! ガラス張りでもキャンバストップでもなく、作り忘れたかのように、本当に屋根がないのだ。
 通常は東京観光用に定期観光バスとして運行されており、東京駅丸の内南口から10時~18時の間、1時間間隔で皇居周辺を巡回運行している。乗車時間は45分ほどで、料金は大人1名1200円。
 アキバエキスプレスは、このバスを借り切って東京ビッグサイト北待機場→秋葉原を約40分で結び料金は1人1000円。通常のアキバエキスプレス(とは言え、バスマニアにとっては貴重なバスなのだが……)は800円なので、追加の200円を払うだけでスペシャルなバスに乗れたのだ! なお乗車時間が10分長くなっているのは、バスマニア向けにあえてゆっくり運行するというサービスだ。まさに、バスマニアによる、バスマニアのためのアキバエキスプレス。お客さんの9割は、貴重な体験をしたことを知らないが、それがマニアの道ってもんである!

“アキバエキスプレス SKY BUS”スペック

 SKY BUSはドイツのバスメーカー、アウベルダー社製ネオプランブランドの“skyliner”シリーズ(もちろん屋根あり車両)を改造したものだ(Webサイトがムダにカッコイイので必見!)。筆者が調べたところによれば、エンジンがメルセデス製の“MAN D 2676 LOH, Euro 4”(直6 12,500cc)から、ちょっと古めの“OM401”(V6 10,000cc)に乗せ換えられていたりする。下記のスペックは、ベース車と思われるNEOPLANの“skyliner Type C”スペック表と、OM401エンジンのスペック(メルセデスベンツ(トルコ)より引用)を統合したものなので、必ずしもSKY BUSに合致していない場合もあることに注意して欲しい。
 また引用にあたり、ドイツ語→英語→日本語翻訳したため、用語が若干違うかも?である。バスマニアのみなさんには、あらかじめご了承いただきたい。とはいえ、某オンライン百科事典を超えるほど、日本一詳しい“skyliner”のスペックだ! たぶん……。

ボディ

全長 12,440mm(12m ※1)
全幅 2,550mm(2.5m ※1)
全高(エアコンユニット含む) 4,000mm(3.8m ※1)
総重量 18,320kg ※1
旋回圏 約20,400mm
ホイルベース 5,500(駆動前輪)/1,300(駆動後輪)mm
フロント オーバーハング 2,615mm(前輪車軸から)
リア オーバーハング 2,975mm(後輪車軸から)
2階席天井高(中央通路) 1,680mm ※2
1階席天井高 1,800mm

エンジン ※3

製造 メルセデスベンツ
形式 OM401 ※1
シリンダレイアウト V6直噴ディーゼル
排気量 10,000cc ※1
馬力 313馬力 ※1/2,100prm
トルク 1,340Nm/1,250rpm
シリンダ径 125mm
ストローク 130mm
トランスミッション MAN“TipMatic”オートマチックまたは、12速マニュアル・トランスミッション

走行装置

ブレーキ 全輪ディスクブレーキ
車軸荷重(前輪) 8,000kg
車軸荷重(後輪) 11,500kg
車軸荷重(従車軸) 6,500kg
前車軸および従車軸サスペンション 独立懸架サスペンション
後車軸サスペンション ハイポイド車軸
前車軸タイヤ 315/80のR 22.5HH
後車軸タイヤ 315/80のR 22.5HH
従車軸タイヤ 315/80のR 22.5HH
従車軸 EHLA(electronic hydraulic steering axle)電子制御水圧式ステアリング車軸

キャビン

昇降ドア 2ヵ所
定員 16名(1階席)+52名(2階席)+2名(乗務員席) ※1

その他

燃料タンク重量 630リッター
電子系統 CAN バス システム
最大積載重量 26,000kg ※4
ラゲージスペース 7.9m3

※1 日の丸リムジンによる公表値
※2 SKY BUSはオープンなので∞
※3 特記なきものはメルセデスベンツ(トルコ)からの引用
※4 MAN D 2676 LOH, Euro 4エンジンの場合。SKY BUSはエンジンを載せ換えているので、多少少ないはず

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社