このページの本文へ

【フォトレポート】コミックマーケット73

A-Styleの今年の締めくくりイベント! 冬コミ、本日より開催!

2007年12月29日 23時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 第73回目を迎える世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット73」(以下:冬コミ)が、今日から東京ビッグサイトにて大晦日の31日まで3日間に渡って開催される。初日は、ジャンプ系などの一般と女性を中心としたサークルの出展日となっている。
 女性が多く、男性が少ないということもあり、来場者数は少なくなるのでは?と予想していたのだが、仕事納めが済んで休日となったA-Styleのみんながビッグサイトに集結したため、通常の初日以上の活気となっていたように見受けられた。
 一般参加で入場した筆者の友人に話を聞いたところ、「最近は10時過ぎに最寄り駅に到着すれば、30分くらいで館内に入ることが出来たのが、今回は1時間以上かかった」とのこと。ちなみに今回のコミケの日程は、初日がジャンプなどの一般少年向け漫画などの二次創作作品を中心としたサークルが出展、明日の2日目は女性向けの作品、3日目が最も来場者が多く、なおかつ熱い一日となる男性向け創作や同人ゲームが中心となるう。

朝8時半、筆者は、お世話になっている作家さんのサークル設営を手伝うべく、一足先に会場に入場開始30分後の東館を上から見るとこんな感じになっていた。すさまじい!!
民族大移動と呼ばれることもある、大手サークルの列移動。まさにヌーの大群が、目の前を横切るような迫力会場1時間後には、大手壁サークルの列は外のエントランス部分に長い列をつくっていた

 東館の混雑もすさまじいものだったが、それ以上の凄さを見せていたのが西館のコスプレ広場と企業スペースだ。コスプレ広場の様子は後日掲載されるアスキー傭兵部隊の司令官カーネル藤山にお任せすることにして、企業スペースなのだが、今回はTYPE-MOON、Navel、八月ことオーガスト、Visual Art'sといった、超人気のスースが1ブロックに固まっているため、局地的な混雑具合はこれまでのコミケの企業スペースの混雑を上回っていたように感じた。もちろん、海風吹き荒ぶ西屋上のエントランスに出来た待機列もすさまじい長さになっており、入場直後に並んだにも関わらず、3時間以上かかってどうにか購入口に到達できるといったブースもあったようだ。
 なお、企業ブースの花となるコスプレをしたコンパニオンさんたちの写真は、明日以降の掲載を予定しているので楽しみに待っていて欲しい。

 同士諸君、戦いの幕は、切って落とされた
 冬コミ、残り2日を生き抜いて、新たな年を迎えようではないか!!

東館アトリウム2階部分より1階部分を望む東館にて、今日来場できない友人に頼まれた同人誌(壁)を購入するため1時間ほど並んだ(仕事しろ!!)筆者
西3、4ホールへと続く階段の下から見た図と、上から見た図
阿鼻叫喚の企業スペース。エントランス部分も各社の待機列で、余裕なし!
企業の待機列を東館から望む東館からの絵を坂の上から見るとこんな感じ。遙か彼方の赤い矢印が坂の下

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ