このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第15回

ニコニコ動画の無断転載に「ありがとう」──「魔理沙は~」「ウサテイ」のFlash作者が語る本音

2008年01月07日 09時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 動画共有サイト「ニコニコ動画」でお馴染みの投稿ジャンルのひとつに、「MADムービー」というものがある。

 話題になったニュースやアニメなどを素材に、音声や動画を切り貼りしてつなげた作品で、ファン活動の一環として作られることが多い。掛け合わせの面白さや、本来のキャラクターの支離滅裂ぶりが笑いを生むのだ。

ニコニコ動画内の「魔理沙は〜」
ニコニコ動画にアップされた「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」。弾幕の勢いで、人気のほどが分かる

 そうしたMADムービーの元ネタとして一躍注目を集めたのが、同人音楽サークル「イオシス」(IOSYS)の作品だ。ヘビーなニコニコ動画ユーザーなら、「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」「患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院」「ウサテイ」などのタイトルでピンと来る人も多いはず。

 イオシスは、同人サークル「上海アリス幻樂団」が製作したシューティングゲーム「東方Project」シリーズをモチーフにした楽曲を作っている。そのプロモーションとしてウェブ上で公開したFlashアニメがニコニコ動画で大いにウケて、今でもMADムービーの元ネタとしてよく使われている。

 「顔の見えるインターネット」第15回のお相手は、先に挙げた3作品を手掛けた「locker room production」のカギ氏だ。

 カギ氏はイオシスには所属しないものの、彼らとコラボレーションして、多数のプロモーションFlashを生み出している。自分の作品がMADムービーの素材として使われるのはどんな気持ちなのか、カギ氏の本音を聞いた。

locker room production

locker room production

 カギ氏が運営するウェブサイト。イオシス系作品へのリンクを含む、カギ氏の過去の作品が視聴できる。2ちゃんねるのFlash板周辺では昔から有名な作者で、累計100万アクセスを超えている。




実は大学生だった


── Flash制作者になったきっかけを教えてください。

カギ 高校時代に友人からFlashアニメの存在を教えてもらったのが最初です。自分で作りだしたのは大学に入ってから。2ちゃんねるのFlash板の周辺で、色々教えてもらったり、他の人の作品を見せてもらいながら、コツコツ作っていました。

カギ氏鍵付きネックレスを付けて現れた、カギ氏。都内大学に通う4年生で、卒論で忙しい時期にも関わらず快く取材に応じてくれた

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART