このページの本文へ

Miro(ミロ)

2008年01月07日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
「YouTube」を検索するたびに、見たい動画がなくなっています。効率よくダウンロードできるソフトはありますか?
A
起動するたびに、指定したキーワードに当てはまる動画を、自動的にダウンロードしてくれるソフトを使うと便利です。
今回紹介するオンラインウェア
Miro Miro
開発元/Participatory Culture Foundation
種類/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.getmiro.com/

キーワードにマッチする動画を自動的にダウンロード

 「Miro」は、インターネットテレビやビデオポッドキャストから動画をダウンロードして管理/観賞できるソフトだ。

 特に便利なのが、「検索チャンネル」機能。あらかじめ指定した動画共有サイトからキーワードに合致した動画を検索し、検索結果をチャンネルとして登録できる。新しい動画が追加されたら自動的にダウンロードしてくれるので、Miroを起動しておくだけで、興味のあるジャンルの動画を見逃さずに済む。

Miro 「チャンネル」メニューの「New Search Channel」では、ひとつのキーワードに対してひとつのチャンネル/検索エンジン/URLを登録できる。ダウンロード方法は最新のもののみ/検索されたものすべて/ダウンロードしない――の3種類から選択可能

 また、特定のフォルダーを監視する機能で「ダウンロード」フォルダーを登録すれば、Safariなどでダウンロードした動画をコレクションに追加するといった使い方もできる。

Miro 「Preferences」の「フォルダ」タブで「ホーム」にある「ダウンロード」フォルダーを登録しておけば、ウェブブラウザーでダウンロードした動画も自動的にMiroに読み込める。なお、Miro上で再生できるのはQuickTime Playerがサポートする動画のみだ

(MacPeople 2008年1月号より転載)


ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中