このページの本文へ

NVIDIA、PCI Express 2.0対応チップセット「nForce 700i SLI」シリーズを発表

2007年12月18日 14時07分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「3-Way SLI」に対応する「nForce 780i SLI」
nForce 700i SLIの上位チップセットで、「3-Way SLI」に対応する「nForce 780i SLI」

 米エヌビディア社(NVIDIA)は17日(現地時間)、米インテル社の最新CPUとPCI Express 2.0に対応するチップセット「nForce 700i SLI」シリーズを発表した。ハイエンド向けの「nForce 780i SLI」と、下位モデルの「nForce 750i SLI」がラインナップされている。

 nForce 700iシリーズは、現行のCore 2 Duo/Quad、Core 2 Extremeに加えて、45nmプロセス世代のCore 2 Duo/Quad(コード名Yorkfield、Wolfdale)に対応するチップセット。nForce 780iの場合、メモリーコントローラーを内蔵する「nForce 780i SLI SPP」と、シリアルATAインターフェースやGigabit Ethernetコントローラーを備える「nForce 780i SLI MCP」、さらにPCI Express 2.0ブリッジnForce 200」の3チップで構成される。

nForce 780i SLIのブロックダイアグラム
nForce 780i SLIのブロックダイアグラム

 nForce 780i自体は、第1世代のPCI Expressにしか対応しない(PCI Express x1が2系統)。そのため、“SLIエクステンダー”と称するnForce 200を組み合わせることで、PCI Express 2.0対応(PCI Express x16を2系統)を実現している。nForce 200でPCI Express x16の2スロット分に対応するのに加えて、I/OハブであるnForce 780i SLI MCP側でさらにPCI Express x16(1.0)を1スロット分対応しているため、合計で3スロット分のPCI Express x16に対応し、13日(現地時間)に発表されたグラフィックスカード3枚差し規格「3-Way SLI」(関連記事)を実現可能なチップセットとなっている。FSBのクロック周波数は1333MHzに対応。メモリーは最高でDDR2-1200(JEDEC規格ではない)に対応する。

780i搭載マザーボードで構成されたデモシステム 780i搭載マザーボードと3-Way SLI構成のグラフィックスカード3枚で構成されたデモシステム

 一方のnForce 750iは、nForce 200側でPCI Express 2.0対応のx16を1系統、x8を1系統サポートする。2枚のグラフィックスカードを使うSLIには対応するが、3-Way SLIには対応しない。対応CPUとFSBはnForce 780iと同様。メモリーはDDR2-800までの対応とされている。

「nForce 750i」 「nForce 750i」

 PCI Express以外のI/O関係では、nForce 780iがGigabit Ethernetコントローラーを2基内蔵、SATA 6ポート/PATA 2ポート、USB 2.0×10ポートに対応する。nForce 750iはGigabit Ethernet×1、SATA 4/PATA 2、USB 2.0×8となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART