このページの本文へ

「Woooケータイ W53H」の新カラーも同時に追加

au、「AQUOSケータイ」新モデル「W61SH」を2008年1月に発売

2007年12月17日 17時28分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は17日、ディスプレー部が右に90度回転するサイクロイドスタイルを採用したワンセグケータイ「AQUOSケータイ W61SH」を2008年1月下旬以降に発売すると発表した。

W61H
「AQUOSケータイ W61SH」。カラーは左から「ビビッドピンク」「ピュアホワイト」「クールブラック」

 W61SHは、シャープ(株)製の携帯電話機。外見にステンレス素材とソリッドカラーを採用したコントラストの強いデザインとなっているのが特徴。auでのサイクロイドスタイルを採用する同社製の端末は、今年1月16日に発表された「W51SH」以来、約1年ぶりとなる。

 メインディスプレーは、2.8インチワイドQVGA(400×240ドット)表示のNewモバイルASV液晶パネルを搭載し、ワンセグ視聴時のコントラスト比は最大2000:1。そのほか、色彩と輪郭を強調する新開発画質エンジン「SVエンジン+」、太陽光の下でも映像を見やすくする「リフレクトバリアパネル」を搭載している。

 本体スペックは、カメラにオートフォーカス機構付きの有効約203万画素CMOSセンサーを採用。連続通話時間は270分、連続待受時間は約300時間。本体サイズは幅48×厚さ19.9×高さ104mm、重さは約131g。カラーは「ビビッドピンク」「ピュアホワイト」「クールブラック」の3色。

「Woooケータイ W53H」はより高級感が増したカラーを2つ用意

W53H
「Woooケータイ W53H」の新色として用意された、「フレンチピンク」(左)と「アラビアンブラウン」(右)

 併せて、11月29日より販売開始されたワンセグ対応の「Woooケータイ W53H」に、新カラー2色を追加すると発表した。高級感を演出した華やかな「フレンチピンク」、歴史ある高貴な雰囲気を表現したという「アラビアンブラウン」の2タイプを用意し、発売は2008年1月下旬以降の予定。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART