このページの本文へ

FSB1600MHz対応のクアッドコアCPU「Xeon E5472」がデビュー!組み込み向け

2007年12月15日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのサーバー/ワークステーション向けクアッドコアCPU「Xeon 5400」シリーズ初のFSB1600MHz対応モデルとなる「Xeon E5472」の販売がついにスタートした。ただし、購入はPC一式に組み込んだ状態というのが条件だ。

「Xeon E5472」 「Xeon E5472」単体
インテルのサーバー/ワークステーション向けクアッドコアCPU「Xeon 5400」シリーズ初のFSB1600MHz対応モデルとなる「Xeon E5472」。同CPU単体での販売は現時点でインテルから認められてはおらず、欲しい人はPC一式のシステムとして購入する必要がある

 FSB以外の主なスペックは、すでに販売が始まっている従来のFSB1333MHz版「Xeon 5400」シリーズと同じ。型番に“E”が付くことからもお分かりのようにTDPは80Wで、6MB×2で12MBとなる2次キャッシュ、「SSE4」への対応、「拡張版インテル バーチャライゼーション・テクノロジー」などをサポート。ソケットはLGA 771対応。今回登場したモデル「Xeon E5472」はクロック周波数3.00GHzとなる。

拡大 仕様
現在販売されているマザーボードでFSB1600MHzへ正式対応するのは、「Intel 5400」を搭載するSupermicro製「X7DWA-N」のみ。CPU単体でのおおよその単価は、1個あたり約15万円ほどになるという

 現在販売されているマザーボードでFSB1600MHzへ正式対応するのは、「Intel 5400」を搭載するSupermicro製「X7DWA-N」。冒頭でもお伝えしたとおり、同CPU単体での販売は現時点でインテルから認められてはおらず、欲しい人はPC一式のシステムとして購入する必要がある。本日入荷を確認したUSER’S SIDE本店によれば、その場合は先のマザーボードを含めた構成となり、最少構成で約50万円。ちなみにCPU単体でのおおよその単価は、1個あたり約15万円ほどになるという。
 なお、同店では明日から「X7DWA-N」に「Xeon E5472」を2基搭載したデモ機を展示する予定。興味のある人は立ち寄ってみるとよいだろう。

デモ機 デモ機拡大
同店では明日から「X7DWA-N」に「Xeon E5472」を2基搭載したデモ機を展示する予定。興味のある人は立ち寄ってみるとよいだろう

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中