このページの本文へ

日本ビジネスオブジェクツ、Crystal Reportsの最新版を出荷開始

2007年12月12日 21時28分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ビジネスオブジェクツは、12月12日、レポーティングソリューションの最新版「Crystal Reports 2008」を発表した。同日から出荷を開始している。


What-if分析モデルやFlashファイルとの統合機能を搭載


 「Crystal Reports」は、表現力/分析力により、デザイン性の高いレポートを効率よく作成できる動的レポーティングソリューション。

 今回発表された最新版は、新しい対話型のレポーティング機能により、レポート上でのWhat if分析モデルや同一レポート内での多様な観点からの情報表示を実現。また、同社の「Xcelsius」や「Adobe Flex」、その他のツール内で作成されたAdobe Flashファイルをレポート内に埋め込むことが可能となった。これにより、インパクトのあるデザイン性の高いレポートを作成することができる。

 さらに、XMLエクスポート機能を強化し、指定した書式でのXML出力が可能になった。これにより、作成したレポートは、ほとんどすべての業界標準書式に設定および配布可能となる。このほか、Webサービスのデータドライバーの強化や、レポートデザイン機能の改善などを図っている。

カテゴリートップへ

ピックアップ