このページの本文へ

ケータイ各社、18歳未満ユーザーにフィルタリングサービスを原則付加へ

2007年12月11日 19時48分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (社)電気通信事業者協会(TCA)に加盟している携帯電話・PHS事業者各社は10日、総務省の要請を受け、18歳未満のユーザーが利用する携帯電話機について、出会い系サイトなど子どもに見せたくないサイトへのアクセスを防ぐ「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)を原則的に付加すると発表した。

 今後は、18才未満ユーザーが新規契約する際に、親権者が不要を申告しない限りフィルタリングサービスが設定される。既存の18才未満ユーザーに対しても、親権者から不要の申告がない限りフィルタリングサービスが設定される。

 適用時期は、新規ユーザーに対して(株)NTTドコモとau(KDDI(株))、(株)ウィルコムが2007年度内(2008年3月まで)に、ソフトバンクモバイル(株)は検討中となる。既存ユーザーに対しては、NTTドコモとKDDIは2008年夏に、ウィルコムは2007年度内、ソフトバンクモバイルは検討中となる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン