このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第32回

公園で見つけたフワフワ子猫

2007年12月12日 09時00分更新

文● 猫写真家 荻窪圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
よく見ると猫が隠れてる
茂みの真ん中あたりをよく見ると猫が隠れてる(2007年12月撮影 ソニー「Cyber-shot DSC-T2」)

 近所の公園でレンズを上に向け、葉が落ちて裸になった木の枝で戯れるシジュウカラやメジロの写真を撮っていると、足元の茂みになんとなく違和感を感じた。茂みの中に何かがいる。

 しゃがんでよく見ると、猫である。小さな茂みの奥に縮こまってる猫がいる。よく見える角度を探してのぞいてみると、まだ生まれて1年もたってない猫が丸くなってこちらをじっと見ている。逃げるでもなく甘えるでもなく。

 見知らぬ猫を見ると、何はともあれ写真に収めたくなるのが猫好きの人情。というわけで、今回はこの子猫を撮影する話。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART